赤坂三浦クリニック

診療案内

診療理念

これまで約25年にわたり虎の門病院で、乳がんおよび甲状腺、副甲状腺疾患を主とした内分泌疾患の診療や研究に従事して参りました.
外科指導医、乳腺専門医、甲状腺外科専門医としての経験、実績、研究成果をもとに適切な診断、治療を提供致します.
お待たせする事なく、安らげる空間で、より良いサービスを提供致します.
甲状腺の病気をお持ちの方のかかりつけ医として、また専門医による乳がん検診を行うことにより地域医療に貢献したいと思います.
ご要望があれば、セカンドオピニオンもお引き受けしております.

甲状腺疾患

甲状腺機能亢進症(バセドウ病、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、プランマー病など)、甲状腺機能低下症(橋本病など)、甲状腺腫などの疾患があります.
甲状腺機能亢進症の症状として、以下のような症状が現れます.
  • 暑がり、疲れやすい、だるい
  • 目つきがきつい、眼球突出、複視、甲状腺腫大
  • イライラ感、落ち着かない、集中力低下、不眠・甲状腺が腫れる
  • 発汗、脱毛、かゆみ
  • コレステロール低下、血糖上昇、血圧上昇、肝障害
  • 脱力感、筋力低下、骨粗鬆症、手足のふるえ
  • 動悸、頻脈、心房細動、心不全、むくみ、息切れ
甲状腺機能低下症の症状として、以下のような症状が現れます.
  • 寒がり、疲れやすい、動作が鈍い
  • 甲状腺腫大、のどの違和感、ボーッとしたような顔
  • 息切れ、むくみ、心肥大
  • 食欲低下、舌が肥大、便秘
  • 脱力感、筋力低下、肩こり、筋肉の疲れ
  • コレステロール上昇、肝障害、貧血
  • 月経不順

副甲状腺疾患

原発性副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症、偽性副甲状腺機能低下症、高カルシウム血症、低カルシウム血症などがあります.
原発性副甲状腺機能亢進症の主な症状として以下のようなものがあります.
  • なんとなくボーっとする
  • 胃痛
  • 嘔気
  • 脱水傾向
  • 尿管結石を繰り返す
  • 手足がしびれたりつっぱったりする
  • 骨粗鬆症
  • 結石に伴う血尿
  • 痛風
  • 骨折
  • 消化性腫瘍
  • 膵炎
  • 高血圧
  • 疲労、脱力
  • 夜間尿
  • 便秘
  • 抑うつ症状
  • 食欲不振

乳腺疾患

乳腺疾患の症状は自分で見て触って気付くこともよくあります.
次のような症状、項目に該当する方はご相談ください.
  • 胸にしこりを感じる.
  • わきの下にしこりがある.
  • 乳房の皮膚にへこんでいる、ひきつれているところがある.
  • 乳房の皮膚が赤くなっている.
  • 乳頭から赤色や褐色の分泌液が出る.
  • 乳頭がただれている.
  • 他施設の健診や自治体の健診で要精密検査となった.
診療案内は以下です.
  • 乳房の病気全般にわたる相談
  • 乳がん検診(マンモグラフィ併用)
  • 乳房疾患の精査(マンモグラフィ・超音波検査・組織学的検査)
  • 乳がんの薬物療法(化学療法・ホルモン療法など)
  • 乳がん術後の定期検診、リハビリ指導
  • セカンドオピニオン

骨粗鬆症

◇「背が縮んだように感じる」「背中や腰が曲がったように感じる」等を感じている方

閉経後の女性に多く、骨の強さや骨質が低下することにより、骨がもろくなり、骨折しやすくなる骨の病気です.
そのほかには関節リウマチ、運動量の少ない方等にかかる率が高く、徐々に進行してくるため自覚症状の乏しい病気です.
進行する前に治療を行うことが大切です.
これまで骨粗鬆症の検査を一度もしたことが無い方は、ぜひ検査をお勧め致します.

外科

  • 切り傷・すり傷等のけが・やけどの処置
  • 皮膚・皮下のデキモノの切除
挫創、切創などの外傷に対しても、診療しております.
ただし頭部外傷についてはお断りさせていただいております.

セカンドオピニオン外来

治療前、治療中でお悩みの方に対しては、セカンドオピニオン外来も行っております.
料金は30分20,000円(税込)、以後は15分毎に10,000円(税込)加算としております(自費診療).
© AKASAKA MIURA CLINIC

pagetop